自然災害等、緊急時における対応について

1 警報・注意報について

 ⑴ 開校日において、自宅から登校する時点で、南予地方の南部に「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」「津波警報」のいずれかの警報が発令されている場合、生徒は登校準備をして自宅で待機する。ただし、以下の点に留意すること。

 ア 警報が正午までに解除になった場合、生徒は安全を確認して速やかに登校する。  

 イ 警報が正午の時点で解除にならない場合、終日自宅で待機する。

※長期休業日中及び土曜日・日曜日・祝日に学校における部活動、模擬試験、各種検定などの教育活動(校外を含む)が予定されている場合も、上記の警報が発令された場合はその日の全ての教育活動は中止とする。

 ⑵ 「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」「津波警報」以外の警報及び「注意報」が発令されている場合には、生徒は安全に十分配慮して登校する。ただし、安全が確保できない等の理由により、やむを得ず遅刻や欠席をする場合は必ず学校に連絡すること。その場合は公欠扱いとする。 

 

2 避難等に関する情報について

  自宅から学校までの通学経路において、自治体による「土砂災害警戒情報」「避難勧告」「避難指示」等の「警戒レベル4相当」以上の災害情報が発令されている場合

 ⑴ 登校前の生徒は学校には登校せず、発令内容に従い行動する。

 ⑵ 登校後、避難等に関する情報が発令された場合は学校長が状況を判断して指示する。 

 ⑶ 避難等に関する情報が解除された場合、並びに長期休業日中及び土曜日・日曜日・祝日の学校教育活動については、1の(1)に準ずる。

3 災害や事故による不通又はストライキ等によって公共交通機関を利用できない場合は、原則として代替の交通手段を確保して登校する。

4 1、2以外で、学校長の判断により自宅待機とする場合は、担任又は緊急連絡網を通じて連絡する。

5 その他

上記の対応については、自ら情報収集することが基本であるが、メール配信やホームページへの掲載を行うので、情報の確認を行うこと。

   

【備考】令和 元年8月26日改定